Loading

MENU

    TOP > 新着情報 > ブログ > 次世代の働き方とオフィスを考える_56 ルーヴィス 福井さん

ブログ / / 843
PV

一覧を見る

次世代の働き方とオフィスを考える_56 ルーヴィス 福井さん

次世代の働き方とオフィスを考える_56

お世話になってる人シリーズ_6 ルーヴィス福井さん

 

僕らがお世話になってる人や会社を紹介しています。

リノベーション工事のルーヴィス代表、福井さんです。

シェア型レンタルオフィス、テイショク西麻布を共同経営してくれています。
元々デザイン内装工事が得意なのですが、古いまま放置された家を借り上げてステキに再生させる、「カリアゲ」って面白い事業や、三浦半島の宮川という場所(なかなか普通にはいけない味のあるところです)に みやがわベーグルというお店を突然始めて人気になったりと、何かと話題の多い人です。

リノベーション業界(といっていいかは知りませんが笑)では有名人なので、詳しいプロフィールはググって調べてもらうとして、僕らとの関りと僕らが感じている福井さんのキャラをちょっとご紹介します。

まず、ルーヴィスの本社は横浜の阪東橋駅の前に建つ相当シビレる築古マンションのペントハウスにあるんですが、ここはとあることがきっかけで僕らが購入した物件でした。
当時誰も見向きもしなかったこの部屋を、前のオーナーさんの家財道具や廃棄物もかなり残ったまんまの状態で
「まあ自分らで捨てるか片付けるかしますよ」
と気持ちよく借りてくれたツワモノです。

そこは今とてもスローな雰囲気のステキなオフィスにリノベーションされています。
そのマンションの下の階にゴミ屋敷のまま放置されていた部屋があって困っていた時も、
「あ、余った材料でよければ適当に改修しときますよ」
といつの間にかとてもカワイく変身させてくれた小人の靴屋さんみたいな人でもあります。

他にも傾いて窓ガラスも割れっぱなしのキツい一軒家を真剣に考えてくれたり、厳しい工期のオフィス工事を納めてくれたりと、仕事でも何かとお世話になってます。

福井さんたちのカリアゲ事業は主に古い住宅が対象なんですが、テイショク西麻布の物件を僕らが事業化しようと思ったときに「ぜひオフィスのカリアゲを一緒に」とお願いして実現しました。

普段はユルくて飄々とした雰囲気ですが、不動産系の僕らとも事業の勘どころや数字の話も違和感なくできちゃう、タダのデザイン工事屋じゃない感じです。
(石田)

タグ