Loading

MENU

    TOP > 中小ビル100の物語 > , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , > 内見時に検討客がチェックするポイント(後半)

中小ビル100の物語 / / 763
PV

一覧を見る

#65

内見時に検討客がチェックするポイント(後半)

「ダメビルのトリセツ」を最初から読みたい方はコチラ

ビル再生100の物語_65 内見時に検討客がチェックするポイント(後半)

前回は、他のビルとの競争を勝ち抜くために、内見客がどういう点を気にしてみているのか、「ココに大事な客を呼べるかどうか」「自分はどこに座るか」「お昼はどうする?」「通勤はどうなる?」など、内見客が実は気にしている胸の内をいくつかご紹介しました。

参考になりましたでしょうか?今回はその続きです。

「お隣さんはどんな人?」

お隣さんというのは、隣の部屋とか、他の階にどんな業種のテナントが入っているか?ということです。内見の帰りがけにビルのテナント案内板を撮影しているお客さんっていませんか?これも、実際入居する身になると、同じ屋根の下になるわけですから気にする人が多いです。あらかじめ資料に書いておいたりすると喜ばれます。

それから「トイレは清潔?」

また出ました、トイレ。トイレは本当に大事だってキモに銘じてください。

案外そんなもんです。

くつろげる場所かどうか、女性なら化粧ポーチ置ける台があるか、鏡が大きいか、そもそもお化粧したくなるような場所か、お小水の音がモレるような場所になってないか、男性と共用なんて絶対イヤっ! という理由だけで却下になったビルはいくらでもあります。

どうでしょうか?ほとんど感情的な問題ばっかりだと思いませんか?

コレがないと不便でしょうがない、という設備やスペックって、最初ざっくりビル選びするときは結構気にするんですが、内見の時は実はあんまりそういうことは考えてません。

あるとすれば、「重い荷物出し入れするからEVのサイズが」とか、電気容量たくさん使うけど大丈夫?といった程度のものが多いです。

どちらかというと、「窓が大きくて明るいね~」とか、「思ったより広く見えるね」「トイレがちょっと狭いかな」「会議室の場所が取りづらいかな」「隣のテナントさんはたくさんお客さんが来るの?」「表からの車の音ってどれくらいうるさいかな」といったような雰囲気とか印象に関するコメントが多いように思います。

また、ランチや通勤を気にするとか、今いるオフィスの近くに移転を希望しているお客さんの場合、電話番号が変わるかどうか、ということもビルを決めるポイントになることもあります。

要は、これらのポイントについて、できるだけ情報をあらかじめ用意しておくなど、ちょっとした気遣いと工夫でカバーできると、内見客の印象が変わってくるということです。

(石田)

※「ダメビルのトリセツ」は、 「週刊ビル経営」さんの紙面上で連載していた企画です。
新しい話や事例も少し入れていこうかなと思っていますので、本誌をご覧になった方もぜひ。

※「ダメビル」とは、「ボロビル」と違って、立地もスペックも悪くないのに、なぜかテナントが埋まらないダメなビルのことです。
人のビルをダメ呼ばわりするお話で大変失礼いたします。。(先に謝ります・・すみません)

関連記事