Loading

MENU

    TOP > 中小ビル100の物語 > , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , > 日当たり良好とは何か。

中小ビル100の物語 / / 588
PV

一覧を見る

#27

日当たり良好とは何か。

ビル再生100の物語_27 日当たり良好とは何か。




オフィスにとって日当たりは大敵、壁はなるべく多い方が良い、なんて時代はもう過ぎました。


「日当たり良好」、マンガの題名にもなったおなじみのフレーズ。オフィス賃貸の常識では日当たりはNGとされてきました。

パソコンのディスプレイが直射日光で見づらく、業務に差し障りがあったり、オフィスでは資料が多く、キャビネットなど収納を多く置くため、壁の多い物件が良いとされてきました。しかし時代はオフィスにも居住性を求めつつあります。

日当たりなど関係ないと思っていた物件は、今こそ、日当たり、風通しをアピールする時です。

tsukishima

物件① 隅田川を一望できるオフィス

隅田川沿いに建つこのビルは、東京タワーやスカイツリーが見える好立地で、とくに1号室は南西角にあり、三方窓面で、とても明るい部屋です。

モデル撮影するカメラマンがモデルが心地よく過ごすことで、表情豊かに撮れることからスタジオ利用したいという問合せも多いです。

内見客の多くは、日当たりと眺望を気に入って申し込まれます。

kubo

物件② 風通しの良いオフィス

近年の大型ビルでは窓が開けられないビルが多い一方、中小ビルでは、自然換気が可能なのは強み。ロスナイ[換気]がいくら優れていても、やっぱり自然の風がいいですよね。

このビルでは南北に大きく窓があり、明るい上、両側の窓を開けると風が良く通ります。

内見客の中には、朝一で換気したいという希望も出ることがあり、春や秋には、季節感を感じながら、執務できる空間です。

(山田)

関連記事