Loading

MENU

    TOP > 中小ビル100の物語 > , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , > 内見はお見合いパーティーだw

中小ビル100の物語 / / 814
PV

一覧を見る

#63

内見はお見合いパーティーだw

「ダメビルのトリセツ」を最初から読みたい方はコチラ

ビル再生100の物語_63 内見はお見合いパーティーだw

前回までに、「これがダメビルだ!7つの事例」をお話してきました。

「じゃあどうすりゃいいの?」というお話をする前に、ちょっと内見客になったつもりで考えてみたいと思います。みなさんが大事に大事にされているビル。どうしても贔屓目に見ちゃいますよね。

一方、内見に来るお客さんはいろいろなビルを見比べています。今回は、頭の体操をしていただくために、内見をお見合いパーティーになぞらえて考えてみたいと思います。

みなさんはお見合いパーティーに行ったことってありますか?

私、実は何回かあります。(内緒にしておいてください。笑)

お見合いパーティーって、彼女とかカレがいない人たち同士が出合い目的で行くとこですね。当然知らない男性、知らない女性だらけです。

私の場合男性なので、来ている女性を自分で選びつつ、でも結局こういう場って選ぶ主導権は女性の場合が多いですよね。男は当たって砕ける立場ですので。

どうでもいい話はこれくらいにしまして、実はビルもこれとおんなじです。

お見合いパーティーの場合に大事なことは、まず第一印象です。知らない女性が自分を見てどう思うか?第一印象がいいか悪いかで、悪ければもうその場は終わったも同然です。

ベテランの仲介会社の営業マンで「エントランスの印象が悪いと80%が決めない」とか、「エレベータに乗った時の表情でわかる」という人もいるくらいです。

「ビルの第一印象はエントランス」で決まります。

以前ご説明した「エントランスの残念」とか「エレベータ周りも気を抜かない」のような事例にならないようにしておくことはもちろんですが、ビル名やテナント案内板が洒落ているとか、壁や床のカラーデザインが気が利いているなど、ここでプラスイメージにできれば第一関門突破です。

次です。「内見客は最低でも5つ以上のビルを比較している」>

お見合いパーティーでもたくさん男性がいますからね。必ず比較されています。ライバルがたくさんいることを忘れないでください。オーナーさんは普段から自分のビルを見慣れていますし、どうしても大事なビルなので贔屓目に見がちですが、内見客はたくさんのビルを見比べています。掃除が行き届いたビルであっても、水周りが古かったり、全体が野暮ったい印象だと、どうしても他のビルに比べて見劣りしてしまいます。

3つめ「スペックは申し分ないけど・・」

「たくましい人がいいわ」とか「学歴が高い人がいい」って話もありますが、筋肉ムキムキだけど服装がいまひとつとか、偏差値が高くてもひきこもりみたいな人って敬遠されますよね。「うちはOAフロアだし、駅も近いよ」ということはとても大事なんですが、実はそういうことだけでお客さんは決めてないんです。

最後「気になるビルに残れるか?」

パーティーの最後ってたいてい男性からの告白タイムがあるんですが、男側がいれこんでてもあっさりフラレちゃうことも多いいんです。

お互いずらっと並んでいる中で意中の女性に「僕と付き合ってください、お願いします!」と勇気のいる告白をするんですが、一人だけが申し出て、もうちょっとで女性も「この人で決めようかな?」という雰囲気になりかけてるのに、横から「ちょっと待った!」って他の男性が割り込んできてそっちに決めちゃったり。もうちょっとなのにとても悲しいことになってしまいます。

内見の時にいい感触でも、他のビルの方がステキに見えちゃうと「ごめんなさい」ってことはよくあることです。

(石田)

※「ダメビルのトリセツ」は、 「週刊ビル経営」さんの紙面上で連載していた企画です。

新しい話や事例も少し入れていこうかなと思っていますので、本誌をご覧になった方もぜひ。

※「ダメビル」とは、「ボロビル」と違って、立地もスペックも悪くないのに、なぜかテナントが埋まらないダメなビルのことです。
人のビルをダメ呼ばわりするお話で大変失礼いたします。。(先に謝ります・・すみません)

関連記事