Loading

MENU

    TOP > 中小ビル100の物語 > , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , > EVをいとも簡単にリニューアルしてみせた事例

中小ビル100の物語 / / 916
PV

一覧を見る

#13

EVをいとも簡単にリニューアルしてみせた事例

ビル再生100の物語_13 EVをいとも簡単にリニューアルしてみせた事例

内見の印象に残るエレベーター内装

エレベーターは内見時に必ず乗るため、エントランスと合わせて内装が重要になります。通常のリニューアルは高額になりますが、良い方法があります。

Before Before

この物件は築40年程度のビルのエレベーターですが、せっかくの木目調の内装壁が養生マットで覆われており、全く見えません。マット色もグレーで暗い上、汚れが目立ちます。また床マットはリースですが、毎月の負担が馬鹿になりません。

通常メーカー提案のリニューアルだと内装壁のダイノックシートの貼り換えと養生マットの交換で10〜20万以上のコスト、30万かかることも珍しくありません。

養生マットの色や柄の選択肢も少ないのが現状です。

After After

この物件では、住宅内装用のカーペットを代用し、職人さんに頼んで裏にマグネットを貼りました。

居室の内装用なので、色、柄の選択肢はかなり多く選びきれないほど。

床はタイルカーペットを貼り、オーナー自ら貼り換えたり、洗ったりできるようにして、床マットリースをコストカットしました。

マットを貼ると見えない内装壁は既存のままとし、予算7〜8万程度でリーズナブルにイメージチェンジに成功。

他物件事例 他物件事例

他にもこんな柄の物件もあります。

店舗ビルなら楽しい柄もいいですよね。

エレベーターはお金を生むスペースではないので大きなコスト負担は避けたいですが、ビルの関係者全員が通る顔になる場所なので、清潔さ、新しさをキープしたいところです。

リーズナブルなリニューアルに検討してみては?

関連記事