Loading

MENU

    TOP > 中小ビル100の物語 > , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , > テナントへの差押え通知が届いた!2

中小ビル100の物語 / / 504
PV

一覧を見る

#23

テナントへの差押え通知が届いた!2

今回は、テナントさんが差押えされた、というちょっと緊張する事例の続きです。

ビル再生100の物語_23 テナントさんに対する差押え通知が届いた(その2)

「ビルの件で差押えするって通知が届いたんだけど!」
ある日、オーナーさんから電話をいただきました・・・。(前回まで)

 

税務署からの差押え予告の通知が届いたテナントAさん。
混乱しているAさんと会って、まず事情をお聞きしました。

「入るはずの売上が急に入らなくなって、2回ほど他から借りて繋いでたんですけど」

ああ、だからこの2か月ほど家賃が遅れがちだったんですね。

「従業員の給料も待ってもらってます」
「いったん事業を縮小して出直すしかありません」

この状況になると相当苦しいはずです。こちらからは、契約書通りに手続しちゃうとAさんにとっても余計不利なことを説明しました。

「信用不安になった今の状況だと、本来は契約解除になって違約金が発生します」
「それと原状回復費用が必要ですが、恐らく○○円くらいかかります」
「敷金では全部カバーできませんので、残りはAさんに請求することになっちゃいます」
「仮に敷金に余りが出ても、差押えになると税務署に返すことになってAさんにはお支払いできません。」

Troubled

ここまでは契約書通りの話です。イヤな話をしてますのでAさんも非常にカタい表情です。

「ただ、貸主さんはスムーズに次の方に貸せるようにしてもらえれば、敷金の範囲で決着してもいいと言ってくれています。」

「とにかく時間をかけても払うべき家賃が増えるだけなので、できるだけ早く解約条件を合意しましょう」

費用の一部はとりっぱぐれになりますが、もはや支払い能力のないAさんとドロ試合をするよりも、普通にちゃんと明け渡しをしてもらえば、次のテナントさんをすぐに募集することができるために、その方が得だと判断してのことです。

これならAさんもこれ以上ビルに対して支払いをする必要がないので、その場でお話はまとまりました。

実は、この話には続きがあります。

解約手続きを進めていたある日、Aさんから連絡をいただきました。

「知り合いが、次に借りたいって言ってるんですが可能でしょうか?」

願ってもないお話です。

うれしい

オーナーさんとしても、次のテナントさんが決まるまでの空室を抱えなくて済みます。
それに、居ぬきで次の方が使ってくれるのであれば、原状回復費用相当分はAさんとオーナーさんの間で金銭解決にしておいて、次のテナントさんの原状回復はいらないことにしてあげられます。

結果、Aさんにも次のテナントさんにもオーナーさんにも喜んでいただける結果となりました。

※【ご注意】このお話は、契約と法律をよく理解したうえで、慎重に対応する必要がありすので、どんな場合でも可能なわけではありません。

(石田)

 

関連記事